2008年09月30日

iPhoneのEメールでできること、できないこと

Eメールに関することを、現在思いつく限り書き記します。
追加することが多分にあるので、その都度お読みください。

iPhoneで絵文字の入力は当然できないわけですが・・・あせあせ(飛び散る汗)

受信したメールにおいて、
絵文字が件名、本文のどちらかに1つでも含まれていると、
絵文字以外の文字も正しく表示することができません。文字化けします。

注意しましょう。
なぜそうなるのかという難しい話はここでは解説しません。
気になって眠れないという方は、
iPhone UTF-8
と検索してみると眠れるかもしれません。
それでも難しい話ですので、授業中に眠ってしまう人は途中で眠ってしまうかもわーい(嬉しい顔)

添付ファイルは一応有効です。
有効ですが、問い合わせの時間がとても遅くなることかあります。どんっ(衝撃)
マイクロソフトのワード、pdfファイルの表示は確認しています。
ただし、閲覧ができるのみで編集はできません。
パスワードを要求するもの、ファイルサイズが大きい場合、複雑なファイルは表示できないようです。
テキストファイル(.txt)はメール本文の中に表示され、文字化けします。
テキストファイルの添付は止めて、ファイルの内容をそのままメールに貼り付けるのをオススメします。
(やるなら絶対そうするべき)

メールの問い合わせ完了に時間がかかるなぁと思ったら、
iPhoneを一度再起動させると受信されます。

2.0.1にアップデートしても受信するのに時間がかかるこの現象は起こります。ふらふら


また、メールの保存件数についてもお話しておく必要があります。
iPhoneはメールを全て本体に保存しません。
本体には25/50/75/100/200件のうちどれかを選ぶ設定で保存されます。
残りはメールサーバーに保存してあるメールを、必要なときにダウンロードします。
・200MBもしくは最大5,000件を無期限保存
・容量オーバーの場合、自分で削除しないと送受信不能
今後、古いメールが順番に削除されていくようになるそうです。


タグ:iPhone
posted by アオキ at 20:17 | Comment(0) | Eメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。