2008年10月28日

音楽とケータイ

iPodにケータイがついてiPhoneになりました。
iPodの前にブレイクしたポータブルオーディオといえば…?
そうです。ソニーのウォークマンですね。るんるん

ウォークマンにもケータイをくっつけた製品も、当然生まれてきました。
日本で最も古い機種は、au C404Sです。こちら
価格は8万円だったような…たらーっ(汗)
メモリースティックにmp3を入れて、ケータイで音楽を聴こうというスタンスで、
ケータイとウォークマンをくっつけただけのような機種でした。
時代はざっと7,8年前。
当然私も知らな…いはずがありません。
「これがいい」と思っていましたが、高すぎて買えませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
当時はパソコンやmp3はまだ私たちの身近には浸透しておらず、
売れ行きもあまり良いものではなかったそうです。
早すぎた”のです。モバQ

やがて、ソニー以外の会社でも音楽再生昨日を持つものが登場し、
同時に“ウォークマンケータイ”も誕生しました。
ベンダー特有の機能を持つ携帯電話は、だいたいauからでてきました。

しかしauの音楽再生機能:au Music Port/Playerは、
mp3を使わず、独自形式KDL(中身はAAC)を使うことになりました。
最初のことは私も飛びつきましたが、
mp3からau独自のフォーマットへの変換が煩わしく、
現在も.wav、.wmv、CDDAからでないと変換ができません。
変換しないとケータイに取り込み/再生ができない→“面倒”
ということが知られ、すでにデジタルオーディオプレイヤーやiPodを持っている人は
ケータイとプレイヤーを別で持つようになった
ようです。
しかもMacでは使えなかったり(現在でも)…

DoCoMoはどうでしょうか。
こちらはwmaとSD-Audioがメインです。
音楽を管理するには、WindowsMediaPlayerで管理ができます。
モノによってはiTunesでもできるとか。

SoftBankは詳しいことは存じませんが、AACを使うそうです。
iTunesで転送。

国内メーカーのものはAACとwmaが主流ですね。
外国のものはmp3を採用しています。
音楽の入れやすさは外国メーカーのものの方が優位ですね。

それからジャック。
日本のメーカーのものは特殊な形状のジャックしか挿せませんが、
iPhone、Nokia 705NKは3.5mmのジャックです。
こちらの方がとっつきやすいですね(私は)。

昔から日本のケータイは、
・音楽がケータイに入るまでが面倒なこと
・操作がiPodよりやりづらい


なかなか難しいハードルがありますが、乗り越えられれば
話題になること間違いナシ
でしょうね。手(チョキ)
このブログも流行るようになることでしょう(爆)

All About[家族のためのケータイ活用術]


posted by アオキ at 19:48 | Comment(0) | ノーマルケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。