2008年11月09日

複数のPCでiPhoneを管理する方法を考える(2)

これに関する最新記事はこちら

日記的なカンジになってしまいますが、
何をしていたかを報告しておこうかと思います。

持ち歩けるiTunesがあればいいのではないか?」という旨を昨日くらいにお伝えしました。
そして、「Portable iTunes」というモノを発見し、試してみるも失敗に終わりました。

ひらめき今度はUSBメモリに、HDD内のiTunesのプログラムと必要なファイルをコピーして、
そこから起動してみる実験です。

あるマシンのiTunesをそのままコピーします。
C:\Program Files\iTunes をUSBメモリにコピー。

iPodやiPhoneを管理するには、iTunes以外にも「サービス」というものが必要です。
ここでいう「サービス」とは、WindowsなどのOSに、特定の機能を追加するもので、
それは各ソフトウェアメーカーがリリースしているソフトウェアの、
お助けプログラムとでも思ってください。手(パー)
バックグラウンドで常に動いており、用事のないときでもメモリを喰っています。
ソフトウェアの起動時間の短縮を図るためでもあります。
iTunesのお助けプログラムは3つ。
・Apple Mobile Device
・iPod Service
が開始されていなければなりません

・Bonjourサービス
は開始されていなくても管理はできる
ことは確認しています。

つまり、別のマシンもiTunesをインストール済みで、
上記2つのサービスが実行されていることが必要条件です。

別のiTines入りPCにてUSBメモリ内のiTunesを実行してみました。
exclamation×2
2台のマシン+USBメモリにコピーしたiTunesのバージョンが異なっていたため、
正しい検証ができませんでした。
がく〜(落胆した顔)

そして、バージョンを統一させようとアップデートを試みるものの
アップデートが途中で止まってしまい、今までそれの解決に時間を費やしていました。
直ってよかったですけど…
あまり進展しませんでした。

がっくしorzふらふら


関連記事
複数のPCでiPhoneを管理する方法を考える
複数のPCで1台のiPhoneを管理したい(1)
複数のPCで1台のiPhoneを管理したい(2)
複数のPCで1台のiPhoneを管理したい(3)







posted by アオキ at 23:51 | Comment(0) | iTunes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。