2008年12月09日

99$ iPhoneは登場しない模様

GIGAZINEなどでも伝えられている、99$iPhone。
実際には99$という価格にはならず、
アメリカ最大のスーパーマーケット、ウォルマートにて
AT&Tから$200〜300の価格帯で販売されるようになるというだけ。
スペックは4GBモデルという話が多いですが、それもないらしいです。

iPod shuffleが1GB:¥5,800、2GB:¥7,800。
iPod nanoが8GB:¥17,800、16GB:¥23,800。
iPhoneが8GB:¥23,040、16GB:¥34,560(新スーパーボーナス適用時)
となっています。

この価格から推測するに、、
iPhoneに使われているフラッシュメモリの8GB分の値段が約¥11,000
8GB:
(メモリ)¥11,000(その他のパーツ)¥12,000
16GB:
(メモリX2)¥22,000+(その他のパーツ)¥12,000
と、とってもカンタンな分析ですが、一応それぞれ値段がマッチしていますね。

99$iPhoneが本当に売られるとなると、
ここで挙げた「その他のパーツ」未満の値段で販売されることになります。
それよりも¥3,000も安いですね。
ということは、何か機能が削られるかもしれません。

99$向けに、削られそう・削れそうな機能や部品を考えてみると、
・Bluetoothユニット
・Wi-Fiユニット
・3G(GSMだけになるかも:日本だと使えない)
・バッテリ(駆動時間の短いタイプになるかも)
・カラーディスプレイ(256色orモノクロになるかも)
・GPSユニット
・カメラ
・3軸方向センサー
・サードパーティ製アプリの実行機能(ダウンロードするアプリが実行できなくなるかも)
・イヤホン
・同梱されるべきUSBケーブルとUSB→ACアダプタ(別売り)
・iPhoneのFWの更新
・Web、メール

あれ?意外と多い気もします・・・サーチ(調べる)
しかし、iPhoneはカメラ、GPS、3軸方向センサーを活用するアプリが実行できてこそ
iPhoneであると思いますので、何があっても削られない・削れない機能は多々あることでしょう。







タグ:値段 iPhone
posted by アオキ at 17:37 | Comment(0) | 料金・有料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。