2009年01月21日

AVGだとウィルスが検出される?

無料で使えるウィルス対策ソフト AVG Anti Virusですが、
これを使っていると、iPhoneとiTunesの同期中にウィルスとして
バックアップファイルが誤検出されるそうです。

検出される結果は
IRC/BackDoor.Flood
C:\Documents and Setting\ユーザー名\Application Data\
Apple Computer\MobileSync\Backup\英数字の羅列\英数字の羅列.mdbackup

BackDoorと結果が出ていることから、
不正アクセスや遠隔操作などを可能にしてしまうウィルスのようです。
Symantecの解説はこちら







posted by アオキ at 15:18 | Comment(0) | iTunes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。