2009年06月24日

iPhone 3G Sのテザリングと利用料金

ソフトバンクモバイルはいっぱいいっぱいのようです。
「iPhone 3G Sのテザリング機能は定額料金では成り立たない」,
ソフトバンク株主総会より
ITpro

なぜなのでしょうか?
抜粋:
iPhoneのユーザーは一般ユーザーの10倍のパケットを使う。
そこにテザリング機能を利用可能にしたら,
100倍,200倍のパケットを使う人が出てくるだろう。
定額料金でデータ容量が増えるのは投資効率が悪い。
一部のユーザーが求める機能を提供するために,
100人分の帯域を占拠させるのは,他のユーザーに申し訳ない。
通信料金が青天井ならばテザリング機能も容認する。


採算が合わない、ということですね。
今年から本格的にスマートフォンに乗り出したドコモも、
いつか同じことを言う日がくるかもしれませんね。

また、↑リンク先には、
・ソフトバンクモバイルでもAndroidケータイを出す
・WiMAX並みの通信速度が出せるサービスを来年後半に開始する
予定があることが書かれています。



posted by アオキ at 17:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | 料金・有料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>iPhoneのユーザーは一般ユーザーの10倍のパケットを使う。

フルブラウザなんだから仕方ないと思うんだけどねぇ
パケットって国の基準で決められてるのかなぁ
Posted by J at 2009年06月24日 23:52
こんはんは!

>フルブラウザだから仕方ないと思うんだけどねぇ

そうですね。Flashが再生できないことがキャリアには救いかもしれません(笑)
スマートフォンであるからこそ、アプリのみで、画像データなどの無い、
必要最低限のパケット通信で済ませてしまうやり方もあると思うのですが、
ノーマルケータイのブラウザに慣れてしまった日本の多くの携帯電話ユーザーとコンテンツ会社には
この辺りにミゾがあるように見えます。
Posted by アオキ at 2009年06月25日 00:44
ちなみに「パケット」という言葉ですが、国の基準も何もないみたいです(笑)。
某キャリアでは1パケット=128バイトでした。

パケット定額の出る前までのデータ通信サービスの課金システムには昔から好感を持つことはできませんでした。
あれはボり過ぎだと思います。

タレントさんたちがよくCMなどで「パケットしよう!」と言っていましたが、
おそらくご本人方は死ぬまで「パケット」の意味を理解することなく生きていくのでしょうね。
まぁ知らなくても何の問題もなく生きていけますが(爆)
Posted by アオキ at 2009年06月25日 00:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。