2009年06月25日

OS 3.0で体感できる変更点

アップデート4日経過後の私個人が体感しているiPhone OS 3.0の変更点をここでも。

・バッテリー駆動時間が長くなった。
バッテリーの駆動時間に関してはこれと言って示せるものがないのですが、
他のユーザーによるブログでもこの旨のことが書かれています。
音楽(特にKOTOKO)を聞きまくっているなぁと思える使い方をしても
「まだこんなにバッテリーあるなぁ」と思えるくらいです。

・絵文字の入力がやり易くなった
少し長くなりますが、絵文字の入力は「設定」でオン・オフができます。
また、入力する言語も選ぶことができます。

入力する言語を英語(QWERTY)、テンキー、絵文字に限る設定にしていても、
OS2.2.1で絵文字を入力する際、文字の種類を切り替えると

テンキー→QWERTY(英語)→絵文字→QWERTY(日本語)→テンキー→・・・

というように、QWERTY(日本語)が入ってしまっていました。
これのおかげでOS2.2.1までは絵文字を使いませんでしたが、
OS3.0ではQWERTY(日本語)がちゃんと省かれているので
現在はメールに絵文字をよく使っています。

他に、絵文字を日本語で入力できるようになりました。
「電車」と入力すれば、絵文字の電車電車を入力できます。

・メールの取得が速くなった
3G、Wi-Fiの両方で、音楽を聞いていようとも、
OS2.2.1の時よりも速くなっているのが感じられます。
音も鳴るようになりましたので頼もしいです。

以上、文字ばっかりの退屈な記事でした(爆)


posted by アオキ at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。