2009年07月04日

高額アプリが増えるかもしれません。

3.0対応でiPhoneのアプリケーション価格に変動の兆し:
ナビゲーション関連は高額でも売れる?
TechCrunch

抜粋&要約すると、
 iPhoneのOSが3.0になってから、iTunes App Storeにおける
トップ100アプリケーションの価格が大いに変動している。
新OSに実装された機能のおかげで、高めの価格を付けることも可能となってきているようだ。
新OSの新たな機能が目立つのはターンバイターン機能を取り入れつつある
ナビゲーション関連のアプリケーションだ。
 6月17日には、ナビゲーション関連の上位100本の平均価格が1ドルを超えている。
医療系アプリケーションが最も高額に設定されており(平均で約8ドル)、ビジネス、
ナビゲーション、生産性ツール、リファレンス関係(いずれも4ドル程度)が続いている。

とのこと。
ちなみに「ターンバイターン機能」は曲がるポイントとなる交差点を案内する機能です。
EZナビウォークだと、曲がる場所に近づくとブルッと震えるアレです。

 (´・ω・) ふーん…
_(__つ/ ̄ ̄ ̄ ̄/_ でもまずは3GSだよなぁ…
    \/  Mac /
      ̄ ̄ ̄ ̄
MacBookPro 13よりiPhone 3GSを買うべきだったかもしれません(爆)



posted by アオキ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 料金・有料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさにその通りw
Posted by J at 2009年07月04日 07:13
こんばんは!お返事が遅くなりましてすみません。

3GS、うらやまです。
Posted by アオキ at 2009年07月04日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。