2009年08月28日

VERTUを見てきました。

ちょっと所要で銀座まで行ってきました。
東京メトロ銀座線-銀座駅A9出口でたまたま降りたら、
目の前に「VERTU」の文字が見えました。
ノキア傘下の企業が展開する高級携帯電話ブランドの日本支社です。

vertu02.JPG
店内は写真撮影はNGだったので写真は取ることはできませんでしたが、
説明書並みのカタログを頂きました。
vertu03.JPG

お店の外にも壁に埋め込まれているケースの中に携帯電話が。
「これは間違いない」ということでお店に潜入しました。
店内はとても涼しくて居心地が良かったです。
お店に入るとTさん(女性)が出迎えてくれました。

以下、質問とレビューです。

Q.日本ではドコモのMONVで提供でしたね?
A.そうです。回線はドコモの回線を使わせていただきますが、
 メールアドレスやVERTU専用ページなどを当ブランドがご用意します。
 9月からサービススタートになります。

Q.どういうコンセプトの携帯電話なのですか?
A.セレブやリッチマンの方向けの携帯電話です。
 車は高級車にだが、携帯電話は子供が持つものと
 同じ物はイヤだという方向けです。

とても説得力のあるお言葉です。

Q.こんなに高額な理由を教えてください。
A.当ブランドの携帯電話は全て手作りとなっております。
 そして、携帯電話一つ一つに、作った職人のサインを彫ってあります。
 宝石を使っているものもございます。

「それからここもご覧ください」
SIMカードをセットするプレートにもVERTUのマークがありました。
このブランドはタダモノではありません。

そしてなんと、シグネチャーとアセント・ティーの実機を触らせてくれました。
vertu06.JPG
ボタン配置について
テンキーは日本の携帯電話を同じ。
ただ、「クリア」ボタンが右上でした。
メニューはauの携帯電話同様に、決定ボタンを一押しで開きます。
この決定ボタンですが、NECの携帯電話に搭載されている「ニューロポインタ」のように動きます。
動きますが、硬かったです。
メニューの文字もちゃんと日本語でした。
ボタン自体は細いボタンでしたが、ちょうど良い大きさの、ちょうど良い質感のボタンでとても押しやすかったです。

本体
横幅は現代の携帯電話に比べたらかなり細めです。
その代わり厚みがありました。ですので、とても握りやすかったです。
電話を掛けるときの持ち方、メールを打つときの持ち方の両方で大変素晴らしい持ちやすさでした。
今の日本の携帯電話が忘れてしまっている心地よさがそこに(銀座に)あります。

デザイン
本体にプラスチックはありません。
ガラス、プラチナ、セラミック、皮で、手で触れる箇所は作られています。
そして手で触れなくても、“重さが見える”携帯電話でした。
機種によって重さがさまざまです。140〜238g。
「イヤな重さ」ではなく、「最高に心地よい重み」なのです。
カメラの無いモデルもありますが、カメラなんてどうでもよくなります。
vertu08.JPG
ベタ褒めになってしまいました、すみません。

文字入力
この携帯電話のベースはノキアの端末です。
キーレスポンスは“普通”でした。
決して“速い”ことはなかったのですが、普段使うのに問題無い程度です。
(P-04Aくらいだと“遅い”の部類に入ります)
また、ボタンの下に、
「ボタンの押し具合を良くしたり、
 イルミネーションのためにルビーを使っています」
とTさんがが教えてくれました。そりゃあ高額になるわけですよね。

スピーカー
このVERTUは着信音の音質にもこだわりがあるそうです。
本体に内蔵しているオーケストラっぽい着信音があるのですが、
人間が演奏しているオーケストラを録音した物を収録しているそうです。
スピーカー自体も大変よく出来ており、プラスチックのスピーカーには無い音の響き方があったように感じます。

その他スペック
カタログからの情報になりますが、なんと4GBのストレージと無線LANが内臓されています。
「これ、音楽聞けるんですか?(=MP3とか聞けるんですか?)」と聞いてみたところ、
着信メロディの説明に入ってしまいました。(汗)
時間も押していたので聞くことができなかったのですが・・・どうなんでしょう?
もちろん、BluetoothとmicroSDも搭載です。

vertu07.JPG
総合評価
携帯電話としてはMAX。
握りやすさ、ボタンの押しやすさ、デザインなど、これに勝る携帯電話の存在を
私は知りません。

この携帯電話は、一応インターネットやメールもできるのですが、
これは「VERTU CLUB」に入らなければなりません。
クラブ会費は:¥52,500/月、¥577,500/年です。
「VERTU CONCIERGE」という、コンシェルジュサービスも受けられます。
カタログによると
「ビジネスに関する依頼、風俗店の紹介以外は可能な限り依頼に応える」
とのこと。

VERTUを見たい!という方に。
・都営銀座線-銀座駅 A9出口、目の前です。
スーツやオフィシャルなところに着ていける服で来店しましょう。
 このお店に普段着で来店すると、こっちが恥ずかしくなります。
 私は27日にスーツで来店しました。
冷やかしで行くのはやめましょう。
・本気で買う場合は電話を。
 クラブに加入する場合は、パスポートなどが必要だそうです。
・運が良ければ、実機に触れるかもしれません。
店内での写真撮影はNGです。

VERTU セールスコンサルタント:Tさん、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
ご迷惑でなければまた参ります(笑)



posted by アオキ at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。